FC2ブログ

連続更新のお知らせと自分の想い

3月11日に東北地方を中心に大震災が起きました。
私の住んでいる所は大きな揺れも見られず、地震に気付いた職員はわずかでした。
その後職場で流れているテレビ映像にみんな衝撃を受けました。
何が起きているか、正直よくわからなかったです。
情報が錯綜し、とりあえずとんでもないことが起きた事だけはわかりました。
仕事が終わってから関東地方にいる姉に連絡を取って、事態を少しずつ把握しました。
この時点でまだ義兄や一部の友人とは連絡がつきませんでした。
その後、つぶやきでさかのぼって友人たちの無事を知り、テレビで情報を得てちょっとずつ落ち着きました。
義兄や友人たちとも続々と連絡が取れ、昨日の時点で私の身近な方は全て無事を知り安堵しました。


でも、もしかしたらこのブログを見ていた方で亡くなったeighterさんがいるかもしれない。
少なくとも被災したeighterさんはいます。
亡くなった方にはご冥福を、被災された方には生きていてくれて本当にありがとうございますと伝えたいです。


地震に慣れている日本人とはいえ、阪神淡路大震災・関東大震災をはるかに凌駕した地震と津波に恐れおののきました。
それでも、人間というのは学習するものですよね。
阪神大震災で得た教訓をどんどん今回に生かそうとする姿勢が見えてすごく感動しました。
自衛隊の出動や、必要な物品や緊急の対処法、そして今回だとツイッターをはじめとするネット環境がすごく話題に上がりましたね。
私が把握しているだけでも、今まであった災害伝言板に加えてツイッターでの公式タグ作成、ニコニコ動画やUstreamによるテレビ放送のリアルタイム放送、Radikoの全国解放などがあげられると思います。
ボランティアにはすぐに行かないほうがいいこと、献血には時間をおいた方がいいこと、個人の寄付は逆に迷惑になることなんかも目立った内容ですね。
この3日間で流れた情報はものすごく多くて、正直自分には処理しきれませんでした。


なんていう、かたくるしい話を書きたかった訳ではないんですよ。うん。
それにしても今回の地震、世界一地震に対策の取られていた国VS地震という書き方をされているみたいですが、その通りだと思います。
ここが踏ん張りどころですよね。
幸い、日本には神戸という復興した前例がみえているので、東北の方もそれを励みにできるのではないかと思っています。
とおくにいる私にもできること、考えて実行しようと思っています。


…なんて長い前置きなんだか(苦笑)
とりあえずできることでやってみたこと/やっていこうと思っていること

①募金
 とりあえず持っているポイントの類は募金(寄付?)させてもらいました。
 赤十字関係はまだ混乱しているようなので、また今後にも。

②節電
 愛知県では周波数が違う関係でこちらが節電してもあまり意味はないという話ではありますが、ここで節電した結果が節約できて、その節約したお金で経済活動できるのであればこれも意味ある行動だと考えました。
 これについてはいろいろな考えがあるみたいなので、とりあえずは自分の考えということで。

③ブログ更新
 というか、レポの完成です。
 自分にできることってなにかな?と考えた時に、自分の持っている記憶(コンサートの内容)で誰かを笑顔にすることができるかもしれない、と考えてのことです。
 この時期に不謹慎と考える方はしばらくこのブログを見ないでください。
 自分が楽しかった思い出で、誰かと楽しかった思いを共有できれば、といういわば自己満足だと思ってます。
 なるべくMCを中心に、そして楽しかったことを中心につづれたらと考えています。
 どれくらい続くかわかりませんが、まずは8UPPERSツアーを中心に書いていこうかと思っています。
 東京は書いていますので、名古屋から!!!


という感じで頑張ります。
いろいろ落ち込んだりしていますが、前向きに。こういう時こそヒナティブに。







追記にこそっとツイッター話。
知らない人にはわからないことだし、ぼやきもあるので追記です。
ツイッターには公式RTという多くの人に知ってもらいたい情報を自分のフォロワーに流す機能があります。
正直、私はこれが苦手だったりします。
今回のような地震では、情報の何が正しくて何が間違っているのか自分ではすぐに判断ができないこと。
企業レベルで流れてるものはいいですが、個人レベルのものってもしかしたら素人目で判断しているものかもしれない。
それをうかつに広めてしまうことに恐怖を感じました。
そしてそれがいくつかとっても広がったと思ってます。
落ち着いて確認を始めると、RT元の人がその現地に住んでる人ではなかったり、ただの噂話をコピペしている様子が伺えたりと。
それがむやみに広がっていたと思い、後半になるにつれて嫌悪感も抱きました。
きっと、元の人にとっては信じていたのだと思えば、悪い事ではないです。
でも、それがむやみに広がっていたのが事実です。なにげない一言の恐怖感を味わいました。
多くの人に知ってもらったほうがいい気持ちと、間違った情報を流したくない気持ちの葛藤でした。
ネット社会のいい面・悪い面両方が見えましたね。

ただ、ツイッターで心が温まる話がいくつかあったのも印象的です。
有名なのはコチラですか。
日本人の心温まる行動、絆というのが見えていいなぁ、と思いました。

管理者にだけ表示を許可する