FC2ブログ

PLAYZONE2009 8月25日2部 簡易レポ・・・とか

かなり、これでもかって遅くなったんですが書いておかないと!ということで簡易レポというか。
覚書程度です。
マルちゃんが登場した部分はオレンジで書いておきたいと思いますので、そこだけ見たい方はそこを目指してスクロールしてください。

それと、最後に前のサタジャニの話やジャニ舞台で率直に感じたことなんかを書いておきたいと思います。
いろいろ苦しいことも書いてます。それでも読む方は追記へ→

ちなみに席は2階2列のセンター付近でした。







<STORY>
キスマイと内君、Q?でPLAYZONEが開演するまでの物語。
ロックで魅せたい内君&Q?と今までのものを引っ張って行きたいキスマイ(特に藤ヶ谷)+Jr.たちの抗争みたいな感じです。屋良っちは中立といった感じで、どうすればいいか悩んでいます。
そこでキーポイントとなるのがケータイ。
今の世の中はケータイが便利でそれで簡単に繋がっているけど、それいいの?という問題提起も。
内君がNEWSとして(とは言わないけれど)東京へ出ていく時、大阪のファンは「大阪に残って!」とは言わなくて後押ししてくれたのが嬉しかった。その時にもらったファンレターは【太陽からの手紙】だった―――
そして仲直りして2幕はPLAYZONEが開幕した、という体でSHOWTIMEのようなものでした。
役名は基本的にそのメンバーそれぞれの名前でノンフィクションのようなフィクションでした。


<覚書>
・みんなが前方で喋ってて、内君は後ろですかしているシーン。ヨディが内君の椅子に座ってて。内君が追い出して座ろうとする前にちょこちょこっと走っていってまた座るヨディ。
・すかしてる内君&Q?がはける時に椅子に座っていたヨディに対して「起きろ!!」ものすごい大きな声で怒る内君w「寝てないのに・・・」とちょっと寂しそうなヨディははける時に椅子を倒してしまいます。いったん、そのままはけるもわざわざいったん戻ってきて律儀に直してましたww
・野田君(M.A.D)は箱の角フェチ。ちょいちょいいじられる。
・屋良っちのズボンは竜の半ズボン(笑)
・ケータイを屋良っちに竜が渡すシーンでターミネーターのイントロを歌いながら登場。
 更にほとんどのメンバーがそれに追随する形で上半身裸に刑事のホルスターをつけてて、「さぁ、貴様のケータイはどーれだ!」と全員がケータイをかざす(ケータイはケータイ天国のときに使ってるモノ)。
・正解は野田君。(どうも北山以外全員いた模様)
・そして「お前も!」といわれて脱がされる屋良っち。かなりびびってて、「これ、めっちゃ怖い!」とか「どうすればいいん?!」みたいな発言多かったんですが、確かにあれはリアルでやられたらかなり怖いよorz
・キスマイのダービー@JOBAのMCに失敗する野田君。アドリブをしようとしていたのか、本当に噛んだのか不明ですが、全員言い終わる前に曲が終了。北山に「曲、終わってしまったやないか!」盛大にしかられる(きっと素)。
・昔コントをするシーン。千賀はチンパンジーのぬいぐるみ(@千崎)を出そうとするが、ズボンの隙間にはさまってなかなか取り出せず。最後はずり落ちて来てましたw
・北山のダサい私服がショップから帰ってきた→盛大に落ちるホコリ。ちなみにこのズボンを持ってくるのも竜で、出てくるなり「どうしてさっきいなかった?」とターミネーターみたいに胸を張った姿勢で迫られる北山。
・それに対し「俺のケータイに連絡なかったんだもん」とうまい返しをするも、見事に脱がされる北山。いい体つきでしたよ^^


<MC>
◇ダービー失敗エピ
野田君がMCで喋るんですが、どうも野田君がすっきり喋ることができなくて、次に出てくるのは○○~とかもう一人の仲良しJr.の子がフォローしてた、みたいなお話。

◇マルちゃん登場!?
ショータイムの最後、キスマイのFire Beatでステージに上がるマルちゃん。
一緒にヘドバンしてにこにこ笑っていました!
でもって、確かマスクをしていたみたいで、ステージに登場している最中はマスクを顎に下ろしてるちょっと不格好な感じだったかな?(笑)
内君にマイクを渡されて二人でにこにこしてたのがすごい印象的。

でもって、舞台後のMCで内君から「マルちゃんが来てくれてるんですよ!!」と言うも、マルちゃんはもう客席から離れてしまっていて。皆で声かけてたりしましたが・・・。
内:きっと俺の楽屋にいるんですよ!荷物置きにきてたから!
と言ってました(笑)
その後、ご飯とか行ったのかなー?特に日々では触れられなかったんだけど。残念。



以上、超簡単な簡易覚書レポでした!
というか、時間が経ち過ぎて非常に微妙ですよね・・・orz
続きは私の感じたことなんかを書きます。辛口な表現もありますので、読む方はご容赦を!







まず、今回のこのプレゾンが私にとって初めてのジャニーズの舞台でした。
今回、縁があって2回入ることができたんですが、率直に感じたのは初めて見る人には優しくない!でした。
どうしたって長いスパンやってたり、出演者に固定ファンの多いジャニの舞台なので何回も見る人がいることは否定しないです。それにアドリブがあったら嬉しいって思うのも当然です。
ただ、今回の25日みたいなアドリブ満載だらけの舞台が初見だったら私は正直にいえば嫌です。
話の大筋がわかりにくいし、場内の笑いの意味がわからない。現に25日のみ一緒に入った友人は「本当のココってどうなってるの?」と聞いてきましたし。それは舞台としてはアウトですよね。
同じ舞台でも松竹座はまた空気が違ったんですよね。
なんだろう、本筋が変わってなかったから?アドリブは少なかったから?
たぶん、やってる期間が違ったからだと思っています。松竹座は1か月も経っていないのに対してプレゾンは東京で1か月以上やってきて本人たちの慣れも強かったと思います。

また、コンサートはセトリは知らなくてもある程度皆が曲を知っている状態で行われますが、舞台は新しい話であるのでネタバレを読まない限りは出演者以外は情報を知らないはずです。そんな舞台ではやっちゃいけないんじゃないかなー、って思いました。
ただ、プレゾンはちょっと特殊ですよね。なんとなくドリボはプレゾンに近いような感じがしますけど、カゴツルベはきっと違ったと思います。たぶん役者の割合の問題ですね。
これは事務所的な所(お家芸)もあるのでなんともいえないんでしょうけども・・・・・・。もにょったのは事実です(苦笑)
ドリボは1回しか見ないですし、それでもしアドリブ満載のついていけない舞台を見たら、私はもうその手の舞台には行かないかもしれないとちょっと思ったりもしました。
そういう面ではドリボ、ちょっと怖いです(苦笑)
楽しみではもちろんあるんですけどね。






内君のスタンスについて。
サタジャニでは元NEWSであることに触れられることに対しては「ネタ」だから気にならないと言ってます。それにマイペースでやっていくだけ、とも語っています。
元NEWSのネタ、個人的には見た時にグサっときました。
「笑えないけどな!」と言いながら笑う内君は見てられなかったです。

でも、これが彼の歩まなければならない道なのかなと思っています。
グループでいる訳ではないですし、そろそろ現実に向き合えと言われているように感じます。
でも、まだそうは思いたくないです。
やっぱりエイトは8人だと思ってしまうし、そうであって欲しいと思います。
9月に発売された雑誌、5周年企画で過去の写真を出してくれているところがいくつかありましたけど、不自然な空白にものすごく悲しくなりました。

ただ、何回も自分はブログに書いていますけど、今の内君を応援していきます。
それが彼の歩む道ならば、彼の笑顔が見えるならば、今はソロの活動をしていようと関係ないです。
いつか、内君の書いた「虹色の空」が実現されることをただただ祈るだけです。


この記事をいまさらアップするのが恥ずかしいので日付詐称で隠します。
2009/10/3 記載

管理者にだけ表示を許可する